2012年06月07日

トラウマ克服

先日軽井沢ネイチャークラブhttp://nature-club.karuisawa.jp/の田植えイベントに参加した。
五月の清々しい空の下、息子たいかんと親子で泥だらけになって楽しんだのだが、もともとわたくし特異点は新潟の農家の生まれで、幼い頃から田んぼに入って遊んでいた。
しかし楽しかったのはせいぜい4,5歳までで、その後は嫌で嫌でしょうがなかった。
なぜなら、農業、とりわけ米作というのは実に手間の掛かる労働だからだ。
進級して新しいクラスメートと楽しい盛りの春先から田植えの準備は始まる。
兼業農家だった我が家では、主に土日が作業日だ。
米作というのは集落の共同作業なので、ゴールデンウィークなどは周り近所の田んぼを手伝わなければならないので、どこかに遠出した記憶がない。
これは幼い子供にとって、とてもつらいものだ。
サラリーマンの家に生まれたかった、と真剣に悩んだりもした。
団地の子供たちがホントに羨ましかった。
大きくなったら、こんな田舎絶対に飛び出してやろうと幼心に思っていた。
田植えも、稲刈りも、草取りも、大根干しも、薪割りも、汲み取り便所も、全部全部嫌だった。


さて、それから30年近い月日が流れた。
なぜだか私は田んぼに帰って来た。
しかも、新宿でバーテンダー仲間だった友人が主催するイベントである。
息子は大好きなお米を植えると聞いて大喜び。
私も久し振りの田んぼの感触に、やっぱり嬉しい。
いいことだ。



次は芝浦の屠殺場見学でも行こうかな。
肉好きの息子には見せておかなければいけない。
その前に、映画『いのちの食べかた』をいつ見せようか。
Ph.Dadの悩みは尽きない。





posted by 岡昌之 at 11:59| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。