2013年05月20日

僕らが旅に出る理由〜LET IT BE

先日こんな記事を見かけた。
<世界遺産:「宇佐神宮・国東半島を」 推進団体、再チャレンジ目指す /大分>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130508-00000212-mailo-l44

去年の冬に僕は息子を連れてこの地を旅した。
実はこの旅で、息子に対する僕の想いが決定的に変わった”事件”が起こった。
それは宇佐神宮でのこと。
僕らは祈祷を済ませ、宮司さんに社殿の中に案内されて本殿(国宝)を前に、ここ宇佐神宮の歴史の説明を受けていた。
宇佐神宮の由来はこんな伝説によるそうだ。
--------------------------------
「八幡宇佐宮御託宣集」によれば、欽明天皇29年(568)、筑紫豊前の国宇佐郡菱形池近くの小倉山の麓に、鍛冶の翁がいた。体が1つで頭が8つもあり、5人見に行けば3人は死に、10人見に行くと5人は死んだ。(八幡神は荒ぶる神であった)
 大神比義(おおがのひぎ)が行ってみると金色の鷹がいた。あなたはどなたの変身ですかと問うと金色の鳩となって飛び来て袂(たもと)にとまった。これは神様が姿を変えたもので、何か伝えたいのではなかろうかと、3年間五穀をたち精進した。
 すると同天皇32年(571)、3歳の小児が竹の葉の上に現れ仰せられた。「辛国の城に、始て八流の幡と天降って、吾は日本の神と成れり。」「吾は釈迦菩薩の化身で一切衆生を救わんと念ずるため現れた。われは日本人皇第15代誉田天皇広幡八幡麿(応神天皇)である。わが名は護国霊験威力神道自在王菩薩であり、国々に神道として垂迹す。」と唱えた。
--------------------------------
今から1400年以上前ここ宇佐に3歳の童に姿を変えた菩薩が現れて、自ら神であることを宣言したそうだ。
へ〜、3歳といえば息子と同じくらいだな〜、なんて僕は話を聞いていた。(当時息子は2歳8ヶ月)
すると長い話が退屈だったのか、息子がスクっと立ち上がって辺りを歩き始めた。
僕は息子を連れ戻すため後を追った。
息子は歩きながら何かを歌っていた。

When I find myself in times of trouble
Mother Mary comes to me
Speaking words of wisdom,
"Let it be."

And in my hour of darkness
She is standing right in front of me
Speaking words of wisdom,
Let it be.

Let it be.
Let it be.
Let it be.
Whisper words of wisdom:
Let it be.

------ 日本語訳 -------

私が悩んでいると
マリア様が現れて
賢い言葉をおっしゃる 
「そのままにしておきなさい」

そして私が暗闇の時の中にいると
マリア様は目の前にお立ちになり
賢い言葉をおっしゃる
「そのままにしておきなさい」

そのままにしておきなさい
「賢い言葉を呟くがよい。
『そのままにしておけ』と」

--------------------------

息子が歌っていたのはThe BeatlesのLet It Be。
僕は鳥肌が立った...

息子がこの歌を知っていることには理由がある。
この旅の五ヶ月前に僕らは東京の調布にあるアメリカンスクールの文化祭に遊びに行った。
そして合唱部のコンサートを観た。
当時息子がアメリカの高校合唱部を舞台にしたドラマ「glee」にハマっていたからだ。
プログラム最後の曲はビートルズのLet It Be。
息子は最後まで集中して観ていた。
その日以降、息子の学校の送り迎えの途中でしばしばLet It Beを歌ってくれと僕はせがまれることになった。
もちろん息子は歌詞の意味など分かっていない。
でも彼の中で何か響くものがあったようだ。

しかし、なぜこのタイミングで彼はこの歌を口ずさんだのだろう?
しかもまだ2歳児だ。
子供の記憶力には日頃驚かされてはいるが、これは尋常な出来事ではない。
確かに僕はこれまで息子を育てるにあたり、ちょっと”普通”じゃないやり方を施してきた。
だが、これを契機に決意を新たにせざるを得ない。

こうして僕は、息子にとって理想的な教育環境を見つけるために、世界の学校を訪ねる旅を始めた。


さて、国東半島はとても風光明媚なところだ。
山の中に見事な寺がたくさんある。
古くから修験道のメッカとしても知られている。
行ってみて思ったのだが、確かにここ国東は風景が大陸的だ。
まるで仙人が住んでいるような中国山水画風の景色が続く。
ゴツゴツした巨大な岩山、不思議な巨石群、樹齢千年以上の巨木...
そして、子連れ旅行だったら一番のオススメは文殊仙寺
日本三大文殊に数えられる日本屈指の”智恵”のお寺。
ここの”智恵の水”はぜひ子供に飲ませたい。
もちろん僕も飲みました。
40過ぎてもまだまだ智恵が足りないですからね。
護摩も素晴らしかったし、住職の説法もグッド。
唯一残念だったことは、姫島へ行けなかったこと。
島好きとしては、次回は必ず行くぞ!









posted by 岡昌之 at 19:27| Comment(0) | 父子旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。