2013年09月08日

元科学部であるパパの嘆き

「科学系の部活ない中学が73%、指導教員不足で」(読売on line)

天文部や生物部のような科学系の部活動(科学部)がない中学が7割を超えたことが科学技術振興機構(JST)の調査でわかった。
4年前に比べ、7ポイント増えた。理科を指導できる教員の不足などが理由とみられている。
同機構は今年3月、30人以上の生徒がいる全国の公立中から無作為に500校を選び、教師や生徒を対象にアンケートを実施。417校から回答があった。73%の中学校が「科学部がない」と回答し、理由としては、「顧問となる教員が不足している」が69%で最も多かった。科学部に所属している生徒は全体のわずか1%。理由で最も多いのは「学校に科学部がない」(59%)だった。
同機構理数学習支援センターの渡辺怜子副調査役は「子供が科学を身近に感じにくい状況にある。科学部だけでなく、観察や実験の機会を増やすなど、子供の興味を育てる環境の整備が急務だ」と話している。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130907-00000585-yom-sci



僕は中学時代、科学部だった。
2年生の時に「炭素の酸化反応」の研究で科学コンテストに入賞し、白元だったかロッテだったかにお褒めの賞状をもらったこともあった。
でも、特に科学が好きだったわけではない。
スポーツが苦手だったし、女子とコミュニケーションをとるのも苦手だったし、消去法で科学部に在籍していたのだ。
でも、理科室のあの雰囲気は嫌いではなかった。
理科の先生もなんとなく変わった人だったので、気楽だった。
でも多感な中学生時代を科学部で過ごすのはやはり胸を張れることではなく、サッカー部やバスケット部の男子と比べたら学校内での存在感は無いに等しい。
どこの中学校でも科学部ってそんな感じだったと思う。

さて、時は流れてあれから四半世紀。
あの科学部は絶滅危惧種となっていた。
もはや四校に一校しか存在していないという。
確か先日スーパーサイエンススクールがどうたらこうたら...ってニュースがあったような気がしたけど、あれは幻だったのか?(そうそう、スーパーサイエンス”ハイ”スクールなんだった。)
元科学部の僕は悲しい...
今日僕は人生で初めて科学部に愛着を感じた。
なぜ滅び行くのか?
理由は痛いほどわかる。
ダサい。キモい。暗い。モテない。そして、やっている意味がわからない...
だけど、元科学部にして現在世界を旅する僕は、もっと致命的な理由が存在していることを知っている。
それは、

”未来が無い”こと...

例えば、野球なりサッカーなり運動部で頭角を表せば、その先にはスポーツ推薦という道筋がキラキラと輝いている。
吹奏楽でも美術部でも、日々の練習が直接その後の入試での実技につながっている。
しかし、科学部にはそれが無い。
東大理T・Uや東工大の試験には残念ながら実技は無い。
科学部推薦なんてのもあまり聞いた事がない。
なぜだろうか?
僕はいろんな国の学校を取材してみたが、こんなことは僕の知る限り日本だけの現象だ。
成長目覚しいアジア各国の学校など目を見張るばかりの豪華な理科室が当たり前で、思わず「ここはどこかの大手企業の研究所ですか?」と、まるで僕はおのぼりさんみたいになってしまう。
しかもそのちょ〜カッコいい理科室は、ダイレクトに世界のトップへつながっている。
その教室の壁にはapple,google,intel,micro soft など、名だたる企業のポスターが貼られていた。
それらの企業が世界規模の科学コンテストを主催し、その中から優秀な中高生を探し出て奨学金を与え、さらに優秀な成績で大学を卒業したらそのまま会社で囲ってやろう...としているわけだ。
これは子供でなくてもモチベーションは上がる。
僕だって(大学中退)ただで超名門大学に行けて、さらにはそんなスゴい会社に入れるんなら、もう一回科学部になりますよ。
今度はしっかり胸張ってね。

すっかりアツくなってしまったけれど、やはり日本の科学部には未来が無い。
科学部で頑張っても東大にも入れない。
中高生向けのコンテストもたくさんあるけど、その賞品はまさに”子供だまし”のものばかりで、将来の何のたしにもならないものばかり。
イマドキの子供たちは忙しい。
無駄なことには時間を費やしてはくれない。
だから日本の中学校に科学部がない理由を、”指導教員不足”で片付けてはいけないですよ。
単純に子供たちは”未来”への嗅覚が敏感なだけ。
「もっと科学を好きになってもらいたい」なんてセンチメンタルは、子供にとって何の魅力もないでしょう。

元科学部が断言します。
日本の科学部に必要なものは、
@ 輝かしい将来への道筋
A それを担保する現物支給
B 注がれる尊敬の眼差し
この3つだけ。
たったこれだけで、学生の”理系離れ”なんて即解消されます。
先生だって必死になりますよ、マジで。
でも、女の子にモテるようになるかどうかはハナシが別ですけどね。
残念ながら。

















タグ:科学 apple
posted by 岡昌之 at 02:01| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。