2014年03月10日

世界で使用される言語習得指標CEFR とは?

 

海外の学校でのサマースクールなどの募集要項で”CEFR”という文字を見ることが多くなりました。このコースは「CEFR A2/B1向け」、こちらのコースは「CEFR B2/C1向け」などと書かれていて、応募者が自分の語学レベルに適したコースを自ら選択出来るようになっています。このCEFRとはいったいどんなものなのでしょうか?

 


CEFRとは?

CEFR(Common European Framework of References for Languages:ヨーロッパ言語共通参照枠)は、ヨーロッパ各国で外国語学習者の習得状況や学習プランを、ヨーロッパ域内共通のフレームの中で理解・共有し合おうと、欧州評議会の言語政策部門により作られたものです。しかし、これは決して英語だけのためのものではありません。ヨーロッパ域内にはさまざまな言語があります。そして日本と違い、言語の使用地域と国境も一致していません。一つの国の中で複数の言語が存在する多言語(マルチリンガル)社会であるのですが、それ以上に重要なのが、一人の個人の中にも複数言語(パラリンガル)が存在していることです。多くのヨーロッパ人にとって、自分の両親や親戚たちの国籍や母国語が一致していないことは、別に特別なことではありません。お父さんがフランス人でお母さんがギリシャ人で、父方のおじいちゃんおばあちゃんはカナダに住んでいて、母方のおじいちゃんとおばあちゃんはスペインに住んでいるオーストラリア生まれの子供が、両親の離婚後あたらしいスウェーデン人のお父さんとベルギーに住んでいる・・・なんてことだって有り得ます。複雑な言語背景を持つ人たちが多いヨーロッパでは、かつて「国家=民族=言語」という近代国家主義において、幾多の虐殺や戦争を経験しました。そのことへの反省と、個人の持つ言語背景を尊重するという目的で、多言語だけでなく複言語であることを重視しようという流れになったわけです。

ヨーロッパにおいても、かつての外国語教育は文法や発音を重視した「言語体系学」のようなものでした。外国語学習本来の持つ「コミュニケーション」としての機能ではなく、”正しい”文法や”ネイティブのような”発音を目指す「学問」としての側面ばかりが重視されていました。それはまさしく現在の日本の英語教育と同じようなものだったといえます。しかし、欧州共同体の実現へ向けて、第一言語至上主義に陥らないよう個人の持つ言語背景を尊重し、外国語を全ての人がネイティブ・スピーカーのように使えることを目指すのではなく、個々人の習得度別やその目的別に生涯にわたって語学学習ができるように、そして、多国間での他言語学習への共通指標を作ることが必要になってきたのでした。

それまでは各国がバラバラに独自の語学検定制度を行っていました。ドイツでのフランス語上級者資格とイギリスでのフランス語上級者資格が同じレベルなのかが分からない状況が続き、多くの人たちが多国間を行き来するようになると、学習者も教育関係者も混乱することが多くなり、社会問題にもなりました。CEFRは日本でもお馴染みの英検やTOEICに代わるものではありません。各国の外国語教育の”スタンダード・基準”ではなく、あくまで”フレーム・枠組み”です。学習者がどのレベルのコミュニケーションがとれるのかを、各国間で共通認識出来るようにグループ分けしたものであり、決して能力資格ではないところが重要です。

そしてCommon Europeanという名からもわかるように、元々がある程度文化や言語に共通項を持つヨーロッパ人のために作られたものだったのですが、今ではヨーロッパ以外の国々にも広く使われるようになりました。現在日本でも日本語の世界共通参照枠作りを急いでいるようです。CEFR運営側も、いつかはEuropeanという文字を外すことも視野に入れて、世界的な枠組みにしていくことでしょう。

 

CFERのレベル分けについて

 

CEFRでは大まかに言語習得度をA1・A2・B1・B2・C1・C2のカテゴリーに分けています。

基礎段階の言語使用者 カテゴリーA

<A1> 英検3・4・5級、TOEIC 220、TOEFL iBT 32~46
よく使われる日常的表現と基本的な言い回しは理解し、用いることもできる。自分や他人を紹介することができ、どこに住んでいるか、誰と知り合いか、持ち物などのについて、質問をしたり、答えたりすることができる。もし、相手がゆっくり、はっきりと話して、助け船を出してくれるなら、簡単なやり取りをすることができる。

ホテルや入国審査などでのフォームの記入ができ、挨拶文などの短いものを書くことができる。

<A2> 英検準2級、TOEIC 450、TOEFL iBT 46~56
ごく基本的な個人情報や家族情報、買い物、近所、仕事など、自分と直接的に関係があるものや、よく使われる文や表現が理解できる。身近で日常的な範囲なら、簡単な言葉で説明できる。

礼状などといった短い手紙を書くことができる。

自立した言語使用者 カテゴリーB

<B1> 英検2級、TOEIC 500~790、TOEFL iBT 56~80
社会生活で普段出会うような一般的な話題について、標準的な話し方であれば主要点を理解できる。その言葉が話されている地域を旅行しているときに起こりそうな、たいていの事態に対処することができる。経験、出来事、夢、希望、野心を説明し、意見や計画の理由、説明を短く述べることができる。

身近で個人的にも関心のある話題について、単純な手法だが脈絡のあるテクストを作ることができる。

<B2> 英検準1級、TOEIC 790~900、TOEFL iBT 80~104
自分の専門分野の技術的な議論も含めて、複雑なテクストの主要な内容を理解できる。お互いに緊張しないで母語話者とやり取りができるくらい流暢かつ自然である。さまざまな選択肢について長所や短所を示しながら自己の視点を説明できる。

広汎な範囲の話題について、明確で詳細なテクストを作ることができる。

熟練した言語使用者 カテゴリーC

<C1> 英検1級、TOEIC 900~990、TOEFL iBT 104~117
いろいろな種類の高度な内容のかなり長いテクストを理解することができ、含意を把握できる。言葉を探しているという印象を与えずに、流暢に、また自然に自己表現ができる。

複雑な話題について明確で、しっかりとした構成の、詳細なテクストを作ることができる。その際テクストを構成する字句や接続表現、結束表現の用法をマスターしていることがうかがえる。

<C2> TOEFL iBT 117~120
聞いたり、読んだりしたほぼ全てのものを容易に理解することができる。いろいろな話し言葉や書き言葉から得た情報をまとめ、根拠も論点も一貫した方法で再構築できる。自然に、流暢かつ正確に自己表現ができ、非常に複雑な状況でも細かい意味の違い、区別を表現できる。

仕事や文芸作品の概要や評論を書くことができる。

これに各国がそれぞれ自国の語学習得者のレベル分布に応じた下部カテゴリーを設けて語学学習に応用しています。例えばフィンランドでは、最も多くの学習者が当てはまるA2を、A2.1.1 ・A2.1.2 ・A2.2.1 ・ A2.2.2 と4グループに分けています。一方、ヨーロッパ系言語と大きく異なる日本語を使用する日本では、多くのヨーロッパ系言語学習者がA1に集中するためにA1の下にA0を独自に設けています。

<A0>
挨拶や決まり文句などを理解でき、使うことができる。ごく簡単な質問を理解でき、自分の名前や年齢などを伝えることができる。簡単な単語を聞いて、それが何を指すのかがわかる。アルファベットの大文字・小文字を区別できる。

 

CEFR導入で変わること

 

日本におけるこれまでの中学・高校での英語教育は、まずアルファベットを習い、基礎文法から始まり、各種文法をしっかり網羅しながら、英文の日本語訳を中心に授業が進み、筆記体などの練習などをしながら、6年間で理論的には英語に困らないレベルになるという学習体系になっていました。しかし実際には、学校での6年間で英語が使えるようになる生徒は、ほとんどいないと言っていいでしょう。多くの日本人の英語取得レベルはA0とA1に集中します。これはやはり「コミュニケーション・ツール」「思考ツール」としての語学学習ではなく、試験や受験のための語学授業だったからだったと言えます。

しかし、CEFRに基づく言語学習の哲学は、日本の英語学習環境にも大きなうねりを起こすかもしれません。 現在日本にも本格的導入が進んでいる国際バカロレアの低学年向けプログラムなどとも親和性が高いので、学校での英語教育の存在意義や日本社会の他言語への意識を大きく変えていくパワーを秘めていると考えられます。

 

ちなみに2012年度より、NHKの各英語番組のレベル分けもCEFRが使われています。2013年度の表を見ると、やはりテレビよりラジオの方が上級者向けのようです。しかし、子供への影響や視聴者数の多さからも考えると、テレビの方こそB・C レベルの番組をもっと増やしてほしいものです。

 

NHKcefr

 

 

 


posted by 岡昌之 at 14:08| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。