2015年06月23日

グリーンスクールの卒業式の朝です!



さて、二週間にわたるグリーンスクールの卒業シーズンもいよいよ今日23日がクライマックス。

この日のために作られた特設会場も完成し、放課後には高校の卒業式が行われます。

ここグリーンスクールの卒業式は、日本の高校のそれよりも大学の卒業式に近いかもしれません。

こちらは昨年の模様
【大地に根を張り空へと芽吹く、ジェーンの願いと子供たちの未来】



特設会場の中には、体育の授業をする息子たち幼稚園クラス。

奥に見えるのは、式典で音楽を奏でる楽器ジェゴグ。バリ島西部の伝統楽器で、竹を使った大きな木琴みたいなものです。



一つ一つ手作業で念入りにチューニング。

竹自体をナイフで削って調音します。



体育館はディナー会場に様変わり。

周りには若いヤシの葉を飾ります。



祝福するために使う装飾類も手作りです。



女性陣が賑やかに作ってました。



こちらグリーンスクールのメインの建物Heart of Schoolも華やかに飾られています。



それぞれの柱には、稲穂をモチーフにされた飾りが付けられています。

まさに「実るほど頭が下がる稲穂かな」ですね。



こちらでは、ディナー会場を飾るヤシの葉を伐採していました。



辺り一面に”青い”香りが充満していました。

若々しくてみずみずしい、世界へ羽ばたく卒業生たちにふさわしい、爽やかな香りです。



ここグリーンスクールのキャンパス内には、さまざまな植物が植えられています。

もちろん果実を食べるためのものが多いのですが、バナナのように葉を皿として使ったり、建築資材や装飾用資材として使うためのものも多く植えられているんですね。

大きな三角屋根の卒業式用特設会場も、全てキャンパス内で取れたものだけで作っていました。

究極の地産池消、サステイナブルな卒業式です。




さて、今年の卒業生へ贈る記念講演をするのは、Gunter Pauli(グンター・パウリ)氏。
どんなスピーチをするのかな。楽しみ!

<こちらは昨日の幼稚園訪問の様子>
「グンター・パウリがやって来た!」


posted by 岡昌之 at 11:56| Comment(2) | グリーンスクール父子留学編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。