2013年03月27日

GREEN SCHOOL訪問記C


さて、僕らはキンダーの上のクラスへやってきました。
4、5歳児が学ぶ教室です。


教室全体はこんな感じ。
やはり壁がなく、天井から自然光が差し込みます。
繭のようなものがぶら下がっていて、なんだかSF映画エイリアンの世界みたいです。
どうやら非常用の照明のようでした。


しかし、本当に美しい。
強烈な太陽の光も、組み合った竹に当たり見事な間接照明となっています。
こんな素晴らしいアートの下で日々学ぶ子供たちが羨ましいな...


この学校では、いたるところにギターが置いてあります。
ここの先生になるにはギターは必修のようですね。
しかし、手作り感満載の教室です。


床をよく見ると、チョークでいろいろ書いた跡が...
ここでは、黒板やノートだけでなく床も使って授業をするようです。
形跡を見ているだけで、授業の楽しさが伝わってきました。


さて、息子たいかんがオシッコをしたくなったので、トイレを借りることにしました。
ここは究極のエコ学校ですから、もちろん水洗トイレなどありません。
汲み取り式トイレでもありません。


便座の下の木箱にはバケツが入っていて、用を足したら枯葉を上から被せる仕組みです。
僕でさえこんなトイレは初めての経験でしたが、息子はどうやら気に入った様子。
ワイルドだろぉ!?


さて、教室脇にはクラスの畑がありました。
うちの息子の幼稚園も庭に菜園があって、生徒が各自野菜を育てています。
でも、ちょっと待てよ...
さっきのトイレ...
やっぱり!


さすがは究極のエコ学校、肥料も自家製です。
ウンチやオシッコが肥料になり、それで野菜が育ち、収穫してランチで食べて、またウンチやオシッコになり...
この教室だけでちょっとしたエネルギーサイクルが完成しています。
これぞ、教育!

ちなみに、この学校の建築素材の竹も自家製だそうです。
常夏で一年中どこかでスコールのあるバリ島の山間部では、毎日が雨後のタケノコ状態なので、竹はぐんぐん成長します。
今でも新しい建物をたくさん作ってますが、建築素材には困らないようですね。


ここはキンダーの下の子3、4歳クラス。
息子たいかんと同年齢の子たちの教室です。


どんな絵本読んでいるのかな〜、と気になる僕。
本棚もオシャレだな〜


grade3のクラスに来ました。
ケラスの生徒の出身地の紹介ボードがありました。
世界中から生徒がやって来ているんですね。


雨風が強くなったら、ここに入って帆を張って授業するとのこと。
なんだかワクワクするな〜


なにか数え歌の練習かな?


グリーンスクールでは、時間を告げるチャイムやブザーは鳴りません。
こんな竹製の筒で時刻を知らせます。
実に美しい音が響きます。


中学生のクラスに来ました。
大教室ですね。
天井の高いこと高いこと。


「次はこちらですよ」と涼しい表情でYaniさん。
もうかなり汗だくなんですけど...
ちょっと歩いてよ、息子君...


続く

プロローグ      
http://blog.oricon.co.jp/tokui-ten/archive/269/0
集まれ未来のグリーン・リーダー! 
http://blog.oricon.co.jp/tokui-ten/archive/277/0
訪問記@      
http://blog.oricon.co.jp/tokui-ten/archive/270/0
訪問記A      
http://blog.oricon.co.jp/tokui-ten/archive/276/0
訪問記B      
http://blog.oricon.co.jp/tokui-ten/archive/278/0
訪問記C      
http://blog.oricon.co.jp/tokui-ten/archive/279/0

GreenSchoolは日本語対応がありません。
この学校をもっと詳しく知りたい方はこちらまでメールください。
masa@morn-inc.com

ウンコといえば、やっぱりコレ!


posted by 岡昌之 at 23:43| GREEN SCHOOL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月28日

GREEN SCHOOL訪問記D


ココナッツを運んでいるスタッフがいました。
ここグリーンスクールはジャングルの中にあるので、もう取れすぎて困るそうです。
喉が渇いたから頂戴って言ったら、
「後でカフェに行ったら飲めるよ!」だって。


ブタもいました。
もちろんいつか大切な日に食べられてしまうのでしょう。


ここはホワイトハウスと違って恩赦は無いでしょうね。


牛は貴重な労働力です。
学校の田んぼでも機械は使わないそうです。


生まれたばかりの子ヤギたち。
ああ、可愛い... そして与論島の友人に作ってもらったヤギ汁が懐かしい...


ここは、泥んこ相撲が行われるコロッセウムです。
息子に見せたら大変だ...


いたるところにトウモロコシ畑が。
一年中取れるそうです。


眺めのいいヨガスタジオもあります。
学校に早く来て早朝ヨガをするのが人気なのだとか。
ここの夜明けはとても気持ちがいいそうです。


さて、早くもクタクタになった僕と息子はカフェでリフレッシュすることに。
しかし、広い... というか、アップダウンの多さとこの暑さ!
ここへ見学に来る方は、服装に十分注意したほうがよいでしょう。
普通の学校見学だと思ったら痛い目に会います。
トレッキングに行くつもりで来てください。
間違っても、スーツを着て来たり、ビーチサンダルで来てしまわないように!


ああ、さっきのココナッツ〜!
しかもストローは何かの茎だ!
貪り飲んで、聞き忘れた!


あ〜美味しそう...


いただきま〜す!


続く


プロローグ      
http://blog.oricon.co.jp/tokui-ten/archive/269/0
集まれ未来のグリーン・リーダー! 
http://blog.oricon.co.jp/tokui-ten/archive/277/0
訪問記@      
http://blog.oricon.co.jp/tokui-ten/archive/270/0
訪問記A      
http://blog.oricon.co.jp/tokui-ten/archive/276/0
訪問記B      
http://blog.oricon.co.jp/tokui-ten/archive/278/0
訪問記C      
http://blog.oricon.co.jp/tokui-ten/archive/279/0
訪問記D
http://blog.oricon.co.jp/tokui-ten/archive/280/0
訪問記E
http://blog.oricon.co.jp/tokui-ten/archive/281/0

GreenSchoolは日本語対応がありません。
この学校をもっと詳しく知りたい方はこちらまでメールください。
masa@morn-inc.com


posted by 岡昌之 at 21:55| GREEN SCHOOL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月29日

GREEN SCHOOL訪問記E


さあ、ここグリーンスクールが世界で最もグリーンな学校と言われる所以でもある太陽光発電システムを紹介しましょう。
今までいろいろなPV(Photovoltaics:ソーラー発電)を見てきましたが、こんな光景は初めてです。
まるで巨大キノコか蓮の葉の森の様...
光合成のかわりに発電する巨大植物たち...
SF映画の世界です。


上から見るとこんな風になっています。
赤道近くのバリ島ですから、パネルはほぼ真上を向いて設置されています。
まるでバリ島名物のライステラス(棚田)みたいにも見えますね。


裏を覗き込むと、パネル本体以外はとことん木が使われていました。
もの凄いコダワリです。


GE社製のパネルでした。


このシステムをサポートしたのが、フランスを拠点に世界各地で持続可能エネルギー推進事業を手がけるakuo社
akuo foundationという基金の援助で、この世界でも希な光景が出来上がったわけです。
ちなみにここグリーンスクールの電力は、80%がこのPVで賄われています。
残りの20%はというと...



お〜、吸い込まれてる〜!


残りの20%はこの水力発電で賄っていました。
僕らが行った時は大雨で破損した部分の改修工事中で、なんでも雨が続いた日にはもの凄い水量になるそうです。

この太陽光と水力発電の組み合わせは、バリ島の気候を考えるととても理に適っています。
日照時間も多ければ、降水量も多いのが、ここバリ島ウブド地区の特徴。
万が一雨が続いても、その分タービンがガンガン回ってくれます。
こうして他所から頼ることなく自給自足の電力システムで、ここグリーンスクールは運営されているのです。
電力だけでなく、食べ物や飲み物も自給自足に近いのですから、この学校が究極のエコ学校と呼ばれるのも納得です。

さあて、そろそろお昼御飯にしようかな。
もうお腹ペコペコです...
午前の見学だけで、たぶん2キロは体重減りました...
この学校に通っていたら、肥満になんてなりっこないです。

続く


プロローグ      
http://blog.oricon.co.jp/tokui-ten/archive/269/0
集まれ未来のグリーン・リーダー! 
http://blog.oricon.co.jp/tokui-ten/archive/277/0
訪問記@      
http://blog.oricon.co.jp/tokui-ten/archive/270/0
訪問記A      
http://blog.oricon.co.jp/tokui-ten/archive/276/0
訪問記B      
http://blog.oricon.co.jp/tokui-ten/archive/278/0
訪問記C      
http://blog.oricon.co.jp/tokui-ten/archive/279/0
訪問記D
http://blog.oricon.co.jp/tokui-ten/archive/280/0
訪問記E
http://blog.oricon.co.jp/tokui-ten/archive/281/0
訪問記F
http://blog.oricon.co.jp/tokui-ten/archive/282/0
GreenSchoolは日本語対応がありません。
この学校をもっと詳しく知りたい方はこちらまでメールください。
masa@morn-inc.com








posted by 岡昌之 at 20:52| GREEN SCHOOL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月03日

GREEN SCHOOL訪問記F


午前中に軽めの登山並の体力を消耗したので、もうお腹がペコペコです。
ここグリーンスクールは、真ん中にアユン川を挟んだ谷状の土地にあるために、学校内の移動だけでかなりの運動になります。
おまけに常夏の気候ですから汗びっしょり...
これでもかと代謝を促してくれます。
先ほど見学したメインの建物に戻ると、お腹を空かせた子どもやオトナたちでいっぱいでした。


外の暑さが嘘のように、この中はひんやりしてて気持ちいいんですね。
みんな美味しそうに食べています。


先生たちもくつろいでいます。


採光窓の下は明るいので、ここが好きな子たちが集まっています。
後ろに何か階段で上るところがあります。
尋ねてみると「世界で一番美しい楽器だよ」とのこと。
みんなが食べ終わったら見てみましょう。


ランチはビュッフェ式で、この葉っぱのお皿に盛って食べます。
これならお皿を洗わなくていいですね。
葉っぱは無尽蔵ですし、使った葉っぱは堆肥になります。


さて、「楽器」の下の子たちはみんな食べ終わってどこかへ行きました。
ステップを登って竹の隙間から入ってみます。


中に入ると、竹いっぽん一本に数本の弦が張ってありました。
指で弾くとバリならではの音階を奏でます。
その音が周りの竹とも共鳴してとても幻想的です。
まさに「世界で一番美しい楽器」という言葉がピッタリ。
息子たいかんの全身の細胞も共鳴しているようでした。



午後の見学は、ここグリーンスクールならではの施設と言える「グリーンキャンプ」から始まります。

続く


プロローグ      
http://blog.oricon.co.jp/tokui-ten/archive/269/0
集まれ未来のグリーン・リーダー! 
http://blog.oricon.co.jp/tokui-ten/archive/277/0
訪問記@      
http://blog.oricon.co.jp/tokui-ten/archive/270/0
訪問記A      
http://blog.oricon.co.jp/tokui-ten/archive/276/0
訪問記B      
http://blog.oricon.co.jp/tokui-ten/archive/278/0
訪問記C      
http://blog.oricon.co.jp/tokui-ten/archive/279/0
訪問記D
http://blog.oricon.co.jp/tokui-ten/archive/280/0
訪問記E
http://blog.oricon.co.jp/tokui-ten/archive/281/0
訪問記F
http://blog.oricon.co.jp/tokui-ten/archive/282/0
訪問記G
http://blog.oricon.co.jp/tokui-ten/archive/283/0
GreenSchoolは日本語対応がありません。
この学校をもっと詳しく知りたい方はこちらまでメールください。
masa@morn-inc.com

posted by 岡昌之 at 17:16| GREEN SCHOOL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月05日

GREEN SCHOOL訪問記G


ここグリーンスクールの最大の魅力といえば、green camp(グリーンキャンプ)に尽きると思います。
学校内にあるヤートと呼ばれる宿泊施設(現在50人まで可!)に泊まり込んで、さまざまなプログラムを体験したり、時にここの生徒たちと一緒に学び遊ぶという、聞いてるだけでワクワクしてきそうなキャンプなのです。
しかも幼稚園児から大学生、さらには大人たちまでも誰もが参加できます。
小さい子連れ家族なら金曜の夕方から日曜まで二泊三日のFamily Camp。
小学生なら子どもたちだけで一週間ここで生活しながら授業に参加のWeekday Camp。
高校生グループには、より高度なワークショップやテーマ授業を行うGreen Design Camp 。
そして夏には、未来のグリーンリーダーを育てるためのGreen Leaders Journey (7/19~8/1)。
さらには、新しいことを始めるための「起業精神」と、大切なものを維持していく「持続精神」を学び、現実社会で実際に活躍できることを目指す「グリーンエリート」養成キャンプでもあるGreen SuperCamp。
学校の中に部外者が寝泊りして生活してたり授業に参加したりなんて、なかなか他の学校では有り得ない光景です。


ヤートの中は二段ベッドが二台あり、ここで四人が寝ることができます。
まさに寝るだけの小屋ですが、シンプルで清潔感もあり快適そうでした。


僕たちが見学していたら、生徒たちがぞろぞろ集まってきて何か始まりました。
これはグリーンスタディという授業で、自然環境や生態系を守るために植樹をする人気授業です。


なにやら古代遺跡のようなものが...
これはもしやキャンプファイアするところでは....


夜はやっぱりこれですね。
ここは人里離れたジャングルの中ですので、さぞかし炎も美しく見えることでしょう。


新しく花壇を作っていました。
ここに様々な植物を植え込むそうです。


キャンプでは、みんなで花壇を作ったり、


バンブーハウスを作ったり、


地域のゴミ拾いをしたり、


ふんだんに取れるフルーツでアートしたり、


グリーンスクール名物の自家製カカオでチョコレートケーキ作ったり、


竹細工アートを作ったり、


バリヒンズー寺院に出かけて参拝したり、


泥んこヨガをしたり、


星明かりの下、野生に帰ってみたり...
と、まだまだ紹介しきれないくらいキャンプでは盛り沢山遊び学ぶことができます。
また、日数や内容のアレンジもできるので、そのグループなりの目的や目標を立てることも可能でしょう。

さて、2:30から何か楽しいショーが始まるそうです。
会場に行ってみましょう。

続く


プロローグ      
http://blog.oricon.co.jp/tokui-ten/archive/269/0
集まれ未来のグリーン・リーダー! 
http://blog.oricon.co.jp/tokui-ten/archive/277/0
訪問記@      
http://blog.oricon.co.jp/tokui-ten/archive/270/0
訪問記A      
http://blog.oricon.co.jp/tokui-ten/archive/276/0
訪問記B      
http://blog.oricon.co.jp/tokui-ten/archive/278/0
訪問記C      
http://blog.oricon.co.jp/tokui-ten/archive/279/0
訪問記D
http://blog.oricon.co.jp/tokui-ten/archive/280/0
訪問記E
http://blog.oricon.co.jp/tokui-ten/archive/281/0
訪問記F
http://blog.oricon.co.jp/tokui-ten/archive/282/0
訪問記G
http://blog.oricon.co.jp/tokui-ten/archive/283/0
訪問記H
http://blog.oricon.co.jp/tokui-ten/archive/285/0

GreenSchoolは日本語対応がありません。
この学校をもっと詳しく知りたい方はこちらまでメールください。
masa@morn-inc.com


posted by 岡昌之 at 17:01| GREEN SCHOOL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。