2014年04月02日

Branksome Hall Asia 訪問記B

 

体育館などがあるスポーツ棟に来ました。ここBranksome Hall Asiaはスポーツ教育にとても力を入れています。本校のあるカナダは女性のスポーツが盛んですし、ここ韓国もゴルフやスケートなど世界トップクラスの女性アスリートが多いお国柄。カナダと韓国の”コラボ学校”ですから、スポーツ教育プログラムが充実しているのも頷けます。オリンピック規格のプールとスケートリンク、ゴルフ練習場もあり、寮生にはいつでも練習ができる体制が整っていました。

 

IMG_6511_compressed

 

取材時にはまだ出来たてだったスケートリンク。今頃は氷が張られ、未来のオリンピック選手たちが練習しているかもしれません。カナダからトップクラスのコーチが招聘されるとのことでした。学生寮から徒歩1分でアイスリンクに行けるとは、信じられない環境です。

 

IMG_6452_compressed

 

プールも国際オリンピック規格。ここで世界大会だって開催できます。

 

IMG_6505_compressed

 

最上階がバスケットコート。

 

IMG_6521_compressed

 

ゴルフ練習場。世界のゴルフ界での韓国女子選手の席捲はまだまだ続きそうです。

 

IMG_6517_compressed

 

ここにグリーンやバンカーが作られて、バンカーショットや寄せ、パット練習が出来るようになるとのこと。なかなかこんな女子校はありません。

 

IMG_6504_compressed

 

サッカー場の遠くに見える林の向こうは、牧場やゴルフ場が点在します。乗馬やゴルフも気軽に出来る環境にありました。

 

IMG_6474_compressed

 

カフェスペースが充実しているのも海外の学校の特徴の一つかもしれません。

 

IMG_6488_compressed

 

食堂にやって来ました。とても清潔感があり、レストランのようです。もうすぐランチタイムなので準備に忙しそう。僕らもたくさん歩いて、ちょうどお腹が空いてきたところです。

 

IMG_6480_compressed

こちらでは幼稚園児用のランチプレートを準備しています。僕も毎日息子のお弁当を作っていますが、給食があるのは親として助かりますね。

さて、いただきま〜す!

 

IMG_6602_compressed

 

韓国メニューとインターナショナルメニューの二つから選べます。ちなみに韓国メニューはキムチたっぷりでした。

ところで、ランチタイム参加は学校見学には欠かせません。子供たちが毎日食べるものを実際に食べてみることは、とても大切なことですから。僕もたくさんの学校取材に行きましたが、できる限り子供たちと一緒にランチタイムを過ごすようにしています。食事のときの子供たちや先生の雰囲気や表情は、その学校を知る上で重要な要素です。

 

IMG_6606_compressed

 

ランチの途中で眠ってしまった我が子を抱っこしながら談笑していた先生を発見しました。先生のこんな姿を見ながら育つ女学生たちですから、将来旦那さん選びのハードルは高くなりそうです。

 

続く

 
posted by 岡昌之 at 17:59| Comment(0) | 世界の学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月03日

Branksome Hall Asia 訪問記C

BHAlogo-main

2012年の秋に約300名でスタートしたこのBranksome Hall Asiaは、数年後には約1000名まで生徒を増やす予定です。幼稚園から高校までの一貫教育で、カナダの本校と同じくIBプログラムのカリキュラムが組まれています。

3歳から12歳までのThe IB Primary Years Program (PYP)、16歳までのThe IB Middle Years Program (MYP)、そして18歳までのThe IB Diploma Program (DP)の3プログラムを提供。カナダ本校のディプロマ取得生徒は、世界のトップクラスの大学で非常に高い評価を受けていて、こちらアジア分校の生徒たちの大学進学後の評価が楽しみなところです。

PYP-Wheel-Diagram

mypeng2012-4dp_eng_reduced

 

 

 

 

 

寮生は8歳くらいからで、低年齢から通わせたい親は、隣接する住宅エリアに一緒に住みながら通わせています。それだけの魅力がある教育内容なのでしょう。北米の学校の半分程度の費用で同じような教育が受けられるのですから。

さて、美味しいランチをいっぱい食べてお腹がいっぱいになった息子は、プレイグラウンドで遊びました。

 

IMG_6571_compressed

 

円筒形の校舎が特徴的です。この日はとても暖かく。まるで夏の日のようでした。済州島は一年を通じて日差しが強く、降水量もそれほど多くはありません。そこで校舎にはこんな仕掛けがありました。

 

IMG_6410_compressed

 

巨大キノコ??

これは雨水を集めるためのもので、校舎の上に降った雨水はこの円柱の中を通って地下の貯水タンクへと流れていきます。そしてその水は浄化され、トイレで流す水や草木に撒かれる水として利用されるとのこと。大きな川が無い済州島では、水はとても貴重な資源です。雨水も無駄にはできません。いつか雨の日にもう一度訪れてみたいものです。

 

IMG_6432_compressed

 

初年度の学生の国籍別割合は、韓国65%、中国・台湾20%、その他アジア地域5%、欧米系10%ほど。日本人は2013年度から1人だけ入学したそうです。日本人にもっとこの学校に来てほしいとのことでしたので、興味がある方はチャンスかもしれません。見学に行くだけでもとても楽しいところですから、ぜひ済州島観光がてらにどうぞ。

 

 

KONESTlogo

韓国旅行の情報サイトKONEST


 
posted by 岡昌之 at 10:42| Comment(0) | 世界の学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月31日

ナイジェリアとタイの学校紹介

FUTURUSに掲載された、ナイジェリア・ラゴスの水上スラム街の学校と、タイ・ミャンマー国境山岳地帯の孤児院兼学校の記事です。



世界最大の水上スラムに「浮かぶ」学校は貧困を救う希望となるか






タイ・ミャンマー国境山岳地帯の孤児たちが夢見た「虹の学校」とは



posted by 岡昌之 at 00:11| Comment(0) | 世界の学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。