2014年06月25日

いい子はね 大きくなって 海を渡るよ

息子たいかんが体調を崩し、二日連続で自宅静養。
こんな時はTSUTAYAへ繰り出し、ビデオをたんまり借りてくるに限る。
4本借りるとお得なので、だいたいいつもお気に入り2本と初めて観るものを2本選択。
今回の大ヒットは、フランスのアニメ映画『アズールとアスマール』でした。



物語は中世ヨーロッパから始まります。
とある貴族の館で乳母として雇われているアラビア人ジェナヌは、領主の子アズールと自身の子アスマールを育てていました。
しかし、アズールに接する際に時々アラビア語を使うジェナヌに対し、アズールの父は面白く思っていません。
成長するに連れ争いが絶えないようになるアズールとアスマールを見かねた彼は、アズールを町の家庭教師の元へ送り、ジェナヌとアスマール母子を館から追い出します。



時は流れて、立派な青年となったアズールは、ある日父にこう告げます。
「僕は海を渡る」
海を渡り、乳母ジェナヌの国へ行くと宣言したアズール。
その理由は、昔彼女が毎日のように歌っていた子守唄でした。

いい子はね 大きくなって 海を渡るよ 
救い出すよ ジンの妖精を ふたりは幸せに


アズールは本気でアラビア世界に伝わるジンの妖精を探しに行くというのです。
しかし北アフリカへ向かう途中、嵐で漂流したアズールは貧しい人々の住む村へたどり着きました。
昔ジェナヌやアスマールと話していたアラビア語を思い出しながらコミュニケーションを取ろうとしますが、思うように通じません。
しかも、村人たちは貧しさゆえに古い因習にとらわれていて、青い目をしたアズールを不吉だと迫害しました。
今まで自分が夢見てきたジェナヌの国が醜いものに溢れていることに失望した彼は、青い目を隠すため盲人として振舞うことに。
そんな時、荒野で一人の奇妙な物乞いクラプーと出会います。
クラプーは人々に笑われながらお情けを頂戴し生きている不思議な男です。(日本語吹き替えは香川照之氏なのですが、まるで彼のために作られたキャラクターのようです。顔がそっくり!)



語学堪能な幼きシャムスサバ姫が治めるこの国は、イスラム教・キリスト教・ユダヤ教が共存している社会。
しかし、相互が理解しあっているとは言い難く、諍い・偏見が絶えません。
無事にジェナヌの家へたどり着き、アスマールとも再開を果たしたアズール。
姫のヘブライ語・ギリシャ語の教師でもあるユダヤ賢者の知恵を借り、いよいよジンの妖精を探す旅の支度を始めたのですが・・・




『KIRIKOU(邦題:キリクと魔女)』で世界をアッと言わせたミッシェル・オスロ監督のこの作品は、中世の地中海沿岸の世界観を息を呑むほどの素晴らしい映像美で描き出した傑作中の傑作と言えるでしょう。
息子も興奮して二回連続繰り返しで観て、さらにメイキング映像まで集中して観ていたほど。
最初映画が始まった時は、その独特の世界観に戸惑います。
絵は平面的で一見立体感が無く、まるで一昔前のゲーム画面のよう・・・
しかし、それがまるで紙芝居や影絵のように、観る方の想像力を引き出す仕掛けになっています。
平面的な分、模様のパターンが幾何学的で、それが何とも言えない奥行を演出しています。
背景に余計な情報がない分、この世界観に引き込まれてしまうのでしょう。

そして、この映画のもう一つの独特な世界観が「何を言っているのか分からない言葉」です。
主人公を含め主要人物たちは、フランス語(吹き替え版では日本語)とアラビア語を両方使い分けるバイリンガルです。
しかしそれ以外の人々は、アラビア語しか話しません。
アラビア語には字幕も吹き替えも付きませんので、アラビア語が分からない人には、何を言っているのかがさっぱり理解できません。
観る人は、その人の仕草や雰囲気や流れで察するしかないのです。
だけどこれは、現実世界そのもの。
移民の多い国や、見知らぬ土地へ旅したら、誰でも経験することなのです。
とても面白い試みだと思います。
子供は、特にうちの息子なんかは、大人と違いこういうことにストレスや違和感を覚えないようです。
彼の通っている学校では、日常茶飯事だからかもしれません。
彼のクラスメイトは、英米の他、コロンビア、イタリア、スウェーデン、イスラエル、台湾、フィリピンと様々なバックボーンを持ち、第一言語はそれぞれの出身国の言葉です。
でも学校では、共通言語として英語でやりとりをします。
でも、喧嘩する時や込み入った話をする時は、母国語になったりします。
この映画でも、それまでフランス語(日本語)で喋っていた登場人物が興奮したり聞かれたくない話をする時に、突然アラビア語で話し始めます。
こういうことは実際複数の外国人と話している時や、外国でタクシーに乗った時などに経験するかもしれません。
どうせ日本人だから分からないだろう、と聞かれたらまずい話や悪口などを英語以外で喋ったりしますからね。
言葉が通じない決め付けてしまうと、誤解や猜疑心や嫌悪感が芽生えてきます。
外見が異なると余計にそうなるかもしれません。
そうやって人々はお互いの間に距離を作ってゆくのでしょう。

あと、もう一つ特筆すべきは、リアルな中世の描写です。
中世の時代は、ヨーロッパが”引きこもり”だった時代でした。
ルネサンスで復活するまで、ヨーロッパはキリスト教の悪い一面に支配され、文化、特に科学が著しく停滞した時期です。
一方その頃のイスラム世界は、まさに栄華を極めた世界。
科学の分野ではヨーロッパを圧倒していました。
その理由の一つが、迫害されヨーロッパからやって来たユダヤ人たち。
彼らの語学・哲学・数学・科学技術は、イスラム世界にも多大な影響を与えます。
映画に出てくる幼き姫は、まさにその象徴とも言えるでしょう。


さて、最後にもう一つ。
映画のクライマックスの話です。
これだけ異文化間の問題についてストレートに描写したオスロ監督は、最期の最期に驚くような結末を用意してくれました。
何をもってして人は惹かれあうのでしょうか?
絶対的他者である二人の人間の間に横たわる距離は、どうやって乗り越えたらいいのでしょうか?
その答えは、これまでの数々の冒険を締めくくるには、余りにもあっけない幕切れかもしれません。
特に情緒やストーリー性を重要視する日本人にとっては。
しかし、フランス人は違います(笑)
実に簡単なことなのです。

肌を重ねてみればいいだけのこと。

地中海沿岸では、古来からそうやって混じり合ってきたのですから。




追伸

いよいよ日本でも、フィリピンやインドネシアから出稼ぎベビーシッターや家政婦に来てもらおうと考え初めています。
この映画を観ながら、彼女らに世話をしてもらった日本の子たちが「海を渡り」、アズールのように異文化間の架け橋になることを想像していました。
でも、それよりもこの映画に出てくる三大宗教文化を、日中韓に置き換えたような御伽噺も必要ですね。
お互いに、助け合ったり、いがみ合ったり、交じり合ったりしているところは、地中海沿岸世界とどこか似ているところもありますから、東アジアも。


posted by 岡昌之 at 16:35| Comment(0) | エンタメ・アート・サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月01日

盲人のすゝめ


「今日から僕は、盲人だ!」


前回に引き続き、ミッシェル・オスロ監督作品『アズールとアスマール』から感じたことを書いてみたいと思います。
冒頭のセリフは、主人公アズールが、憧れていたアラビア世界の醜さに絶望し、不吉とされる自身の青い目を隠すために盲人のふりを始める場面で宣言されるもの。
しかしアズールは盲人となることによって逆に感性が研ぎ澄まされ、「見た目」に惑わされることなく魔法の鍵を発見することができます。
これはとても象徴的な演出ですね。
僕にはとてもよくわかります。
そもそもこのビデオを借りたきっかけは、息子たいかんが体調不良で学校を欠席したことでした。
こういう時、息子は家でビデオを見ながら過ごすのですが、そのすぐ横で僕は仕事をしたり家事をしたりしています。
だから、映像はほとんど見ないのですが、音声だけは耳に入ってきます。
息子は気に行った映画があると、それを毎日何回も何回も繰り返して観るので、僕はセリフだけで頭の中に物語を再構築していくことになります。

これが実にいい訓練になるわけです。

映画「アズールとアスマール」は、そもそも理解できない異国の言語であるアラビア語を、映画の世界観の柱に持ってきて、あえて字幕を付けず分からないままにしてあります。
だからこの映画は音声だけでも作品として成立していて、映像を見なければまるで良質なラジオドラマのようです。
むしろ僕はこの映画の正しい楽しみ方を偶然実践していたのかもしれません。

さて、人が受け取る情報の8割は目から入ってくると言われています。
そして、視覚は人を騙します。
みなさんも人生において見た目で騙されたことは多々あるでしょう。
よく出来た映像作品というのは、それをうまく利用して作られています。
例えば、ディズニーのピーターパン。
主役はピーターパンとされていますが、そうではありません。
音声だけでストーリーを追ってみると、この物語はウェンディの物語となっています。
ピーターパンは、あくまで脇役。
少女から大人になるちょうど境目で戸惑うウェンディの物語です。
体は大人の女性のものになりつつあるけど、精神的には幼さが残っている思春期にある彼女。
自分でもコントロールできない「わけのわからなさ」に困惑し、それを親兄弟や周囲に理解されずに疎外感を味わっています。
そこに現れるのは、これもまた彼女にとってプラスなのかマイナスなのか「わけのわからない」存在であるピーターパン。
ウェンディの妄想が突っ走り、ピーターパンはそれを気にもかけず善悪を越えた無邪気さで突っ走ります。
他の登場人物は、そんな二人を理解しようとすら思わず、嫉妬や利己的行動に終始しています。
結局二人は最後まで噛み合うことなく、映画は終わってしまいます。
何だかよくわからないけどウェンディはスッキリしていて、大人になることを受け入れて、おしまい。
映像では夢があふれるファンタジーのように描かれていますが、決してそうではありません。
かなりリアルな「大人への第一歩の日」のドキュメンタリーなのです。

初めての時って、そんなもんでしたよね?


 




posted by 岡昌之 at 14:21| Comment(0) | エンタメ・アート・サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月10日

『アナと雪の女王』の購入前に知っておきたいこと

大ヒット映画『FROZEN(邦題:アナと雪の女王)』のDVDの発売が近づいてきました。

最近ようやく子供たちの間で収まってきた「レリゴーレリゴー」や「ありのーままのー」ブームがまた再燃すると思うと、この映画の大ファンとしては今から楽しみで仕方がありません。

さて、映画を観た方も、まだ観てない方も、来たるべき日のために、これだけは押さえておきましょう。

特に日本語吹き替えでしか観ていない方は、ぜひ。

この映画に込められた本来のメッセージを、お子さんと語り合ういいチャンスになりますから。

ビデオで何度も何度も観て、英語での歌やセリフをよく噛み締めると、とっても味わい深いことに気づかされます。

夏休みの英語の勉強にもなりますね。


父と息子の”アナ雪”な日々
http://blog.oricon.co.jp/tokui-ten/archive/386/0

続・父と息子の”アナ雪”な日々
http://blog.oricon.co.jp/tokui-ten/archive/387/0

FROZEN FRACTALS
http://blog.oricon.co.jp/tokui-ten/archive/382/0




posted by 岡昌之 at 12:54| Comment(0) | エンタメ・アート・サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月14日

将来の夢



息子たいかんの将来の夢が発表されました。

昨年に続き、今年もやはり「シェフ」。

今年は発明家かな、なんて思っていたのですが、やはりシェフ。

そのとき流行っているものや、周りの子に流されてついつい言ってしまいがちなこの年頃に、二年続けてシェフと答えたわけですから、その意思はなかなかのもののようです。

さて、息子がシェフを志すようになったそもそものきっかけは、韓国・済州島旅行でした。

済州島で観た韓国名物のノンバーバルパフォーマンスNANTAにハマった息子は、それ以来料理をすることが大好きになったのです。




そして、今年になってから出会った映画も、彼のシェフ魂に火を付けました。

その映画は、ディズニーの『Ratatouille(邦題:レミーのおいしいレストラン)』です。

フランスのパリを舞台にしたこの映画は、五つ星天才シェフを父に持つダメ息子と、一匹の料理の天才ねずみとの友情と、食にまつわるフランス人の心意気を見事に描いた隠れた名作アニメ。

カーズやトイストーリーには見向きもしなかった息子は、すぐにこの映画の大ファンになりました。

特に調理シーンを観てる時の集中具合なんて、すごいものがあります。

最近ふと、僕にこんなことも言います。

「ねえパパ、たいかんはパリに行きたい」

映画の中では、パリには五つ星シェフ、オーグスト・グストーのレストランGusteauがあります。

そこに行ってみたいというのです。

最初のうちは、近所のファミレスのガスト(GUST)に連れて行って「ほら、GUSTって書いてあるね。ここがグストーの店だよ」なんて誤魔化していたのですが、すぐにバレてしまいました。

ちなみに今年フランスのユーロディズニーにRatatouilleのアトラクションがオープンしました。

乗り物だけでなく、本物のレミーのレストランもオープンです!




これは行きたくなりますね・・・


さて、息子はこんなことも僕に言います。

「パリでフランス語も練習したら、シルク・ド・ソレイユに合格するかな?」

なるほど、息子はシェフもエンターテイメントやショーの出演者だと思っているようですね。(ある意味間違ってはいないのですが)

僕ら父子はショーが大好きで、息子は家でもYoutubeでこんな映像をいつも見ています。




「シルク・ド・ソレイユ(Cirque Du Soleil )に入るにはフランス語も喋れないといけないんだよ」って僕が言ったことを彼なりに真剣に受け止めているようです。


不可能なんて考えもしない息子のことが、最近ちょっと羨ましく思える父でありました。






posted by 岡昌之 at 21:18| Comment(1) | エンタメ・アート・サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月30日

ベル・アンド・セバスチャンの映画公開!



今年のフジロックにも登場が決まっているスコットランドの大スター、ベル・アンド・セバスチャン。

昨年秋のスコットランド独立住民投票の後に発表された曲「Nobody's Empire」は超カッコいい。

作者であるスチュアートの生い立ちから今に至るまでを綴った歌なんだけれども、まるで彼の人生と母国スコットランドを重ね合わせているようにも思える。

前半は彼の持病である慢性疲労症候群との闘いで、後半は恋に落ち、二人の子供を授かるという展開。

淡々と、しかしダイナミックに展開する歌詞の流れは鳥肌モノです。

<後半の歌詞抜粋>

Lying on my side you were half awake and your face was tired and crumpled
If I had a camera I’d snap you now ‘cause there’s beauty in every stumble

僕のそばでうとうとしている君の寝顔は ちょい不細工で愛おしい
カメラがあったら今の君を写真に撮っただろうな どんな瞬間でも君は美しいから  

We are out of practise we're out of sight
On the edge of nobody’s empire
If we live by books and we live by hope
Does that make us targets for gunfire?

僕たちは本当に未熟で 箸にも棒にも掛からぬ存在
誰のものでもない帝国で 危なっかしく生きている
もし僕らが本と希望だけにすがるなら
銃口を向けられるのかな

Now I look at you you’re a mother of two
You’re a quiet revolution
Marching with the crowd singing dirty and loud
For the people’s emancipation

今君を見たら 君は二児の母になっている
信じられないくらい素晴らしい
バカバカしい歌を叫びながら
人民解放のために行進している





スチュアートの映画も近日公開!

ミュージシャン キリンジも大絶賛のポップミュージカル映画♪フジロック出演のBELLE AND SEBASTIAN初監督作品






posted by 岡昌之 at 22:29| Comment(0) | エンタメ・アート・サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。